に投稿

海外旅行でもキャッシングは計画的に

私は年に一度、グアムやタイなどの日本から近い海外へ旅行をすることが趣味です。行く時期はボーナスが入った後の冬などが多く、その際に現金よりもカードを使う方でした。ただ、年に一度の海外旅行だからとキャッシングの限度額をいっぱいにまで引き上げて、交通機関や宿泊所、免税店での買い物に利用していました。

しかし、海外旅行では食事の際にチップなどの現金を使うことも多々あり、気が付くと限度額のキャッシングでは足らず、他社のカードを使うことがありました。そして決まって旅行から帰ると、こんなにお金を使っただろうかという請求額が来ていました。

ここで私が学んだことは、予め計画していたキャッシングよりも上回ってしまうのなら、今後海外旅行に行く際は、カード使いとチップ代金だけに絞るか、キャッシングで旅行を楽しむのならきちんとお金を計算した上で他社のカードローンと一緒に使ってしまう無計画さを無くすよう心掛けることにしました。

に投稿

アルバイトでもキャッシングは利用可能

キャッシングを利用するには、当然のことながら借入をしたお金を返済する能力があるとキャッシング業者に認めてもらわなければなりません。よく、フリーターや自営業者はキャッシングの審査に通らないと噂されていますが、これは正確ではありません。

アルバイトや自営業で生計を立てている人は、収入が不安定で返済能力の信頼性が低いと判断されてしまうがゆえに審査に通らないのです。どちらにしろ同じことではないかと思われるかも知れませんが、あくまで職業そのものではなく返済能力の有無が問題視されている点に注目してみましょう。

そこが理解できていれば、アルバイトでしか収入のない人であってもキャッシングを利用することは十分に可能になります。もっとも重要なのは申し込みの際に借入の限度額をできるだけ下げておくことです。借入の額が少なければ、そのぶん返済能力が低いと判断されたとしてもバランスが取れます。

ただし一つ気をつけておきたいのは信用情報についてです。過去にキャッシングやローンの返済を延滞した経験があると、その情報は金融業界全体で共有され警戒対象となってしまいます。僅かな金額の延滞であれば、いわゆるブラック認定を受けるまではいきませんが、元々の信用が低いフリーターなどは特に注意が必要となるでしょう。

に投稿

私のおススメのキャッシング、カードローンは!

ずばり、レイクです。

私がおススメするキャッシング、カードローン。

なぜならば、5万円以下という基準はありますが、180日間も無利息で借りられるプランがあるからです。

学生さんだって、主婦の方だって。

これだけ物が溢れた時代です。好きなもの、欲しいものが出てきて当たり前です。

その商品というのは、”安くなるのを待ってから買う”とか。そういうものでは無いんですよね。

自分が今使いたい! とか。手に入れたいという欲求が高まっている時に買う方が、

脳の快感を感じさせるホルモンが大量に分泌されて……いわゆる ”満足感” が大きいんです。

お金を貯めて買う。確かにそれは良いことなんですけれど、

その機会を逸してしまうのはもったいないと思うのです。

そこで180日間の無利息というのが活きます。

冷静に考えて下さい。180日、というのは約6カ月です。

つまり今、決意して買ったとしても、その分の料金を半年間の間に工面できさえすればよいのです。

欲しい時に欲しいだけ。その分はしっかり計画的に返済すればよろしい、と。そういうことです。

5万円という上限がありますが、それだけキャッシングできればまず十分でしょう。

大抵のものは買えます。また、返済も楽です。半年あれば、なんとかなります。

キャッシングを利用すると借金大王になっちゃうんじゃ……、これならそんな心配もないですね。

上手に利用して、楽しい生活のプラスに役立てましょう!

に投稿

キャッシングに限度額は存在するのか

キャッシングを申し込む場合、限度額があるのかどうか、気になる人も多いでしょう。

一律の限度額というものはありませんが、その人の収入や借り入れ件数を見たうえで、もうこれ以上は借りられないということはあります。たとえば月収20万円の人で、複数の金融機関からお金を借りていて、その総額が10万円近くなっているという場合は、新規に借りると返済に困る可能性が高くなるので、審査に通らなくなります。

それから消費者金融の場合は、総量規制があります。総量規制というのは、その人の年収の3分の1に当たる金額が、自動的に限度額として設定されます。たとえば年収600万円の人は、200万円が限度額となります。この限度額は、消費者金融での借り入れのすべてが対象となります。

ですから、消費者金融を何社も利用している場合は、限度額をオーバーしやすくなり、新規の申し込みができなくなりますので、気をつけるようにしましょう。

消費者金融で限度額ぎりぎりまで借りているけれど、もう少しお金を借りたいという時には、総量規制対象外の消費者金融、または銀行を利用するのがお勧めです。銀行は元々総量規制がないので、年収の3分の1が限度額となることはありません。ただし、審査基準は消費者金融頼は厳しくなります。

に投稿

キャッシングの利用で注意するべきこと

お給料の額が低いと、審査が少し厳しめになります。ただ、これは審査に通らないという意味ではありません。基本的に仕事をしているという事実があれば、キャッシングの審査は非常に通りやすくなります。

確かに給料の額が審査に影響することもありますが、大きくは融資できる限度額の差がお給料によって区分けされるというだけで、キャッシングの利用自体の制限をされる理由にはほとんどなりません。

お給料はしっかりしているのに、審査が通らない場合には他の理由が影響していると言って良いでしょう。それは返済が何度も遅れてしまったケースです。キャッシングの返済は非常にシビアで厳しいので、1日でも遅れてしまうと遅延として処理されます。

1回くらいの遅延であればそれほど問題はないのですが、何度も続くとそれが信販情報としてデータベースに記録されます。一つの会社だから大丈夫というわけではなく、返済が遅れた情報は信販情報として様々なキャッシング会社が閲覧できる状態になりますから、審査の時に不利になってしまいます。

とにかくキャッシングを快適に利用するためには、お金は無理をしてでも期限を守って返済するということです。これさえ守ればキャッシングの新規での申し込みで苦労することはないでしょう。