に投稿

審査が不安な方には収入証明書提出のススメ

消費者金融でも銀行カードローンでも、50万円を超える借入の申込みには収入証明書の提出が必要です。また消費者金融は総量規制の対象となるために、他社での借入額と今回の借入額の合計が100万円を超える場合でも収入証明書の提出が必要です。

ちなみに収入証明書とは、サラリーマンの方は源泉徴収票や給与明細(2ヶ月分とボーナス分も必要となる場合有)、自営業者は確定申告書や課税証明書などです。

10万円くらいの少額融資には収入証明書の提出は不要ですが、審査に不安のある方は収入証明書を自発的に提出した方が審査に通る可能性が高まります。また例えばプロミスでは収入証明書を提出すればポイントが貯まります。面倒でもちょっとの手間が審査に通るコツとなるのです。

に投稿

海外旅行でもキャッシングは計画的に

私は年に一度、グアムやタイなどの日本から近い海外へ旅行をすることが趣味です。行く時期はボーナスが入った後の冬などが多く、その際に現金よりもカードを使う方でした。ただ、年に一度の海外旅行だからとキャッシングの限度額をいっぱいにまで引き上げて、交通機関や宿泊所、免税店での買い物に利用していました。

しかし、海外旅行では食事の際にチップなどの現金を使うことも多々あり、気が付くと限度額のキャッシングでは足らず、他社のカードを使うことがありました。そして決まって旅行から帰ると、こんなにお金を使っただろうかという請求額が来ていました。

ここで私が学んだことは、予め計画していたキャッシングよりも上回ってしまうのなら、今後海外旅行に行く際は、カード使いとチップ代金だけに絞るか、キャッシングで旅行を楽しむのならきちんとお金を計算した上で他社のカードローンと一緒に使ってしまう無計画さを無くすよう心掛けることにしました。

に投稿

無利息サービスの条件は業者によって異なるので注意が必要

初めてキャッシングをする時は無利息サービスが適用されてサービス期間中は無利息でお金を借りる事が出来ます。カードローンの金利は基本的に高く設定されているので無利息サービスが適用されると返済する時にすごく楽になります。しかし業者によって無利息サービスの条件が異なってくるのでしっかり確認していきましょう。

大手の消費者金融ではアコムとプロミスが無利息サービスを提供していて共に30日間になっています。しかしアコムは契約日の翌日から、プロミスは初回借入日の翌日からの適用になっているので注意が必要です。また新生銀行カードローンレイクは30日間と180日間の2つのプランがありますが、180日間のプランは5万円までとなっているので注意が必要です。

に投稿

誰にも対面せずにキャッシングを申し込むなら自動契約機での手続きがおすすめ

キャッシングを初めて申し込みたい場合、避けて通れないのが申し込みの手続きです。キャッシングの申し込みの手続きの一般的な方法は、直接消費者金融の店頭に赴いて窓口で手続きをすることですが、窓口の担当者と直接対面をしながら手続きを進めていくことに気後れをしてしまう人も少なくはないはずです。

そのような人向けのキャッシングの申し込み方法としては、自動契約機を使用して手続きを進めていく方法があります。自動契約機ならば設置されている機械の指示通りに手続きを進めていけばいいだけなので、誰にも対面せずにキャッシングを申し込みたいという人に最適な方法です。

また、自動契約機は駅前などの利便性のいい場所に設置されているので、消費者金融の店舗に赴くことがスケジュール上難しいという人でも手軽にキャッシングを申し込むことができとても便利です。

に投稿

かしこく利用!おまとめローン

多重債務者の多額な返済を助ける救済処置としておまとめローンが誕生しました。

この方法を使えば消費者金融をはじめとし銀行やクレジットカードのキャッシングすべて一本にまとめることができます。

少額の借り入れは金利が高くなってしまいがち、複数の少額借り入れを行っているとすべての返済額の合計がかなりの額になってしまいます。しかしそれらのキャッシングを1つにまとめてしまえば適用金利が引きさがる場合が多く返済が楽になります。

もうひとつのメリットは返済期日の管理です。毎月複数あった返済期日も1日にまとめることができるのですから精神的なストレスも軽減されますよね。

まとめて借り換えるなんて収入が低くてできないと思っている人も多いのではないでしょうか?

でもおまとめローンは総量規制の対象外。年収の三分の一を超える方でも利用できるケースも多いので安心できますね。

しかしこれからはおまとめローンの審査が厳しくなっていくことも予想されます。

近年銀行のおまとめローンを利用する債務者が増え自己破産に陥ってしまうケースが多発している中、銀行などは審査基準を引き上げる対策を講じ始めています。

そうなるともう少し審査の通りやすい消費者金融系のおまとめローンを検討する必要があるかもしれません。

いくら重い返済のストレスが軽減されたからといって返済するという意識まで薄れてしまってはいけません。ダラダラと返済期間を先延ばしすることによって総返済額が上がってしまっては本末転倒です。

さらにおまとめローンに借り換えることでまた借入の余地が目に入ってそれさえも追加借り入れしてしまうというケースもあるので注意しましょう。

いずれにしてもまとめたからといって返済が無くなったわけではないのです。環境が整ったことをいい機会にし、健全に返済を済ませる道を進むことが一番重要です。 

に投稿

アルバイトでもキャッシングは利用可能

キャッシングを利用するには、当然のことながら借入をしたお金を返済する能力があるとキャッシング業者に認めてもらわなければなりません。よく、フリーターや自営業者はキャッシングの審査に通らないと噂されていますが、これは正確ではありません。

アルバイトや自営業で生計を立てている人は、収入が不安定で返済能力の信頼性が低いと判断されてしまうがゆえに審査に通らないのです。どちらにしろ同じことではないかと思われるかも知れませんが、あくまで職業そのものではなく返済能力の有無が問題視されている点に注目してみましょう。

そこが理解できていれば、アルバイトでしか収入のない人であってもキャッシングを利用することは十分に可能になります。もっとも重要なのは申し込みの際に借入の限度額をできるだけ下げておくことです。借入の額が少なければ、そのぶん返済能力が低いと判断されたとしてもバランスが取れます。

ただし一つ気をつけておきたいのは信用情報についてです。過去にキャッシングやローンの返済を延滞した経験があると、その情報は金融業界全体で共有され警戒対象となってしまいます。僅かな金額の延滞であれば、いわゆるブラック認定を受けるまではいきませんが、元々の信用が低いフリーターなどは特に注意が必要となるでしょう。

に投稿

キャッシング申込みでの本人確認の方法とは

キャッシングは最近益々便利になってきました。申込みはパソコンやスマホで24時間いつでも気軽にできます。審査も短時間でスピーディーに行われるので、快適に申込みの手続きを行えます。 

キャッシングの契約の際には本人確認が必要となります。提出書類として必ず本人確認書類が1枚必要です。運転免許証、健康保険証、パスポートなどが有効となります。また希望限度額が50万円を超えるときや他社借入との総合系が100万円を超えるときには、別途収入証明書の提出も必要です。

契約手続きでは最後に本人の在籍確認を行います。この確認は審査にも通過して他の手続きも済んだ後に行われるのが一般的です。在籍確認の方法としては、記入報告した申込者の会社に本当に本人が勤務しているのかを電話で在籍確認します。

勤務先に直接、担当スタッフの個人名で電話をします。このとき会社の名前は出さないのでキャッシングが会社の人に知られることはまずありません。でも申込者の中にはこの在籍確認の電話に抵抗感のある人もいます。

最近はそのような人のために、電話での在籍確認をせずに契約できるWeb完結申込みも好評です。この場合は自分が実際に会社に在籍していることを証明できる書類を提出することで在籍を確認するのです。この方法なら会社の上司や同僚にキャッシングがバレることもないので、安心して申込みができるのです。

に投稿

私のおススメのキャッシング、カードローンは!

ずばり、レイクです。

私がおススメするキャッシング、カードローン。

なぜならば、5万円以下という基準はありますが、180日間も無利息で借りられるプランがあるからです。

学生さんだって、主婦の方だって。

これだけ物が溢れた時代です。好きなもの、欲しいものが出てきて当たり前です。

その商品というのは、”安くなるのを待ってから買う”とか。そういうものでは無いんですよね。

自分が今使いたい! とか。手に入れたいという欲求が高まっている時に買う方が、

脳の快感を感じさせるホルモンが大量に分泌されて……いわゆる ”満足感” が大きいんです。

お金を貯めて買う。確かにそれは良いことなんですけれど、

その機会を逸してしまうのはもったいないと思うのです。

そこで180日間の無利息というのが活きます。

冷静に考えて下さい。180日、というのは約6カ月です。

つまり今、決意して買ったとしても、その分の料金を半年間の間に工面できさえすればよいのです。

欲しい時に欲しいだけ。その分はしっかり計画的に返済すればよろしい、と。そういうことです。

5万円という上限がありますが、それだけキャッシングできればまず十分でしょう。

大抵のものは買えます。また、返済も楽です。半年あれば、なんとかなります。

キャッシングを利用すると借金大王になっちゃうんじゃ……、これならそんな心配もないですね。

上手に利用して、楽しい生活のプラスに役立てましょう!

に投稿

主婦ですが借りれました。

現在子育て中で仕事をしていない主婦です。
本来なら主人と共稼ぎで働かないと家計が苦しいのですが、保育園に子供が入れないため仕事を辞めて子育てしています…。

私が働けない分、生活費が足りない時があります。収入は減っているのに子供の為のお金が増えていますから。

そこで生活費が足りない時に『どうしよう』となり、キャッシングしても良いか?と主人に相談してみました。本当に必要な分だけ借りるなら…と許可が
出たので『主婦でも借りれる』キャッシングを探しました。最近は主婦だと貸してくれない所が多いのです。

『配偶者貸与』という夫婦であることを証明できれば、夫婦の年収を合算した金額の3分の1以下まで借入れることができます。専業主婦の
ために設けられた総量規制の救済策の貸与です。必要な書類も多く金利も高いため他にも何かないか?と探してみましたら…ありました!

銀行のローンです(楽天やイオン、じぶん銀行など)夫に安定した収入があれば借りれる…というものでした。金利も消費者金融より安く
自分的にはこちらの方が安心できると思い早速申し込みました。一応主人に安定した収入があったので審査は通りました。

お陰で生活費が足りない時に必要な金額だけ借りています。銀行ローンは主婦でも安心して借りれますので大丈夫ですよ~。

に投稿

キャッシングに限度額は存在するのか

キャッシングを申し込む場合、限度額があるのかどうか、気になる人も多いでしょう。

一律の限度額というものはありませんが、その人の収入や借り入れ件数を見たうえで、もうこれ以上は借りられないということはあります。たとえば月収20万円の人で、複数の金融機関からお金を借りていて、その総額が10万円近くなっているという場合は、新規に借りると返済に困る可能性が高くなるので、審査に通らなくなります。

それから消費者金融の場合は、総量規制があります。総量規制というのは、その人の年収の3分の1に当たる金額が、自動的に限度額として設定されます。たとえば年収600万円の人は、200万円が限度額となります。この限度額は、消費者金融での借り入れのすべてが対象となります。

ですから、消費者金融を何社も利用している場合は、限度額をオーバーしやすくなり、新規の申し込みができなくなりますので、気をつけるようにしましょう。

消費者金融で限度額ぎりぎりまで借りているけれど、もう少しお金を借りたいという時には、総量規制対象外の消費者金融、または銀行を利用するのがお勧めです。銀行は元々総量規制がないので、年収の3分の1が限度額となることはありません。ただし、審査基準は消費者金融頼は厳しくなります。

に投稿

アイフルは1000円から借り入れが可能

キャッシングを必要とするときにはどの会社を利用していますか?お金が必要になるときは結構あると思うんですけど、その金額というのは人によって、または状況によって異なりますよね。ほんの少額でも良いから借りたいというときがあったとしても、多くのキャッシング会社では、借り入れの金額の下限も設定しています。

借り入れ金額については上限ばかりに目がいきがちですけど、実は下限もある場合があります。下限というのは、最低これ以上じゃないと貸しませんよ?という金額です。あまりに少額を貸しても利息があまりとれないので、会社としてもメリットが薄いからです。

したがって、だいたいの会社は1万円くらいを下限に設定しています。でも、アイフルは違います。

アイフルは、なんと1000円から借り入れ可能なんです。これはある意味凄いです。1000円じゃ、会社としてもほとんど利益なさそうですけど、それくらいの少額でも対応してくれるというのは、顧客思いという部分もあるのかもしれません。それくらい僅かな金額が必要なときでも利用できるという意味では、本当に利用の範囲が広がりますよね。誰かに少額借りるのが憚れるときには、キャッシングを利用する手が増えるのは大きいと思いますね。

に投稿

キャッシングの利用で注意するべきこと

お給料の額が低いと、審査が少し厳しめになります。ただ、これは審査に通らないという意味ではありません。基本的に仕事をしているという事実があれば、キャッシングの審査は非常に通りやすくなります。

確かに給料の額が審査に影響することもありますが、大きくは融資できる限度額の差がお給料によって区分けされるというだけで、キャッシングの利用自体の制限をされる理由にはほとんどなりません。

お給料はしっかりしているのに、審査が通らない場合には他の理由が影響していると言って良いでしょう。それは返済が何度も遅れてしまったケースです。キャッシングの返済は非常にシビアで厳しいので、1日でも遅れてしまうと遅延として処理されます。

1回くらいの遅延であればそれほど問題はないのですが、何度も続くとそれが信販情報としてデータベースに記録されます。一つの会社だから大丈夫というわけではなく、返済が遅れた情報は信販情報として様々なキャッシング会社が閲覧できる状態になりますから、審査の時に不利になってしまいます。

とにかくキャッシングを快適に利用するためには、お金は無理をしてでも期限を守って返済するということです。これさえ守ればキャッシングの新規での申し込みで苦労することはないでしょう。

に投稿

銀行カードローンで即日で融資を受ける方法

キャッシング業者を利用してお金を借りる時はだいたいお金が不足してきた時なので出来るだけ早く借りたいものです。現在キャッシング即日融資に対応しているのは主に消費者金融です。消費者金融はすぐにお金が借りられるのですが、金利が高く設定されているので利息も多く付いてしまいます。そのため借り入れ額よりもはるかに多い金額を返済していかなければいけません。本音を言ってしまうと出来れば金利も低く設定されている業者で借りたいものでしょう。

金利が低く設定されているのは主に銀行カードローンです。しかし銀行カードローンは金利が低く設定されている分に業者側にある程度の信用が必要となってきます。そのため審査も時間をかけてする業者が多いのでお金を借りるまでに時間がかかってしまう事が多いです。そのため今すぐお金を借りたいという人にはあまり向かない業者という事が出来ます。

多くの銀行カードローンが即日で融資を受けるのは難しいですが、申し込み方法次第では可能な業者もあります。即日融資が申込み次第で可能なのは三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックと三井住友銀行カードローンです。共通して言える事はどちらとも自動契約機で申し込みをするという事です。三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイックの場合は店舗内に設置されているテレビ窓口で申し込みます。ただしテレビ窓口で申し込む時は運転免許証を持参しなければいけません。また三井住友銀行カードローンも店舗内に設置されているローン契約機で申し込みます。この場合だけ銀行カードローンでも即日融資が可能です。

に投稿

利便性の増す自動契約機を通じたキャッシング

自動契約機を通じてキャッシングのサービスが利用できる点については、多くのサービス利用者から利便性を実感する意見が挙げられているのではないかと考えられています。全国の各地でキャッシングを利用できる環境が整備されることにも繋がり、多くの金融機関が自動契約機を設置するようになっているのではないかと思います。

性急に融資を受けたいと考える人は、こうした自動契約機のシステムからキャッシングを利用する傾向が強くなってきており、地域に関係なくこの流れが広がりを見せています。複数の金融機関から自動契約機が設置される場所も多く存在するようになっていると考えられていることから、高い頻度で消費者金融などが活用されることにも関与しているのではないかと思います。

実際の窓口におけるキャッシングの利用申請と同様に、カメラを通じて対面で融資を受けられるかどうかを判断する仕組みが構築されているため、的確にキャッシングのサービスを利用可能かが判断される点は同様であると考えられています。

そのため、利便性が非常に大きなものとなり、キャッシングの利用申請の判断基準も維持されていると言えるのではないかと思います。今後も自動契約機を通じて、新たにキャッシングのサービスを利用したいと申請する人が、数多く見受けられていくのではないかと予測されています。迅速に利用申請が可能になるとみられていることから、利便性がより強いものとなるのではないかと見込まれています。

に投稿

夜間や土日のキャッシングなら自動契約機の利用がお勧め

キャッシングのインターネット申し込みは、24時間いつでも受け付けが可能になっているのが一般的です。その為いつでも手軽に申し込むことが出来る訳ですが、申し込み後の審査や実際の融資は、キャッシング会社や銀行の営業時間内でないと行えません。近年はキャッシング会社が対応してくれる時間帯も長くなっていますが、即日融資のことも考慮した場合、自動契約機を利用した方がより幅広い時間帯での対応が見込めると言えます。

キャッシング会社の自動契約機は夜遅くまで営業していることが多いです。会社によっては土日でも自動契約機が稼働しており、ここからキャッシングの申し込みをしたり契約手続きを行ったりできるようになっています。

自動契約機で契約を結べばその場でローンカードを発行してもらうことも可能で、すぐに併設されたATMやコンビニのATMなどから現金を引き出すこともできます。振り込み融資の場合は銀行の営業時間内でないと利用できないという制限がありますが、自動契約機なら比較的時間を選ばずにお金が借りられるというわけです。

大手のキャッシング会社なら、全国各地に自動契約機を設置しています。その数は千以上に及ぶ会社もあるので、身近なところを探してみれば、どこかしらの会社の自動契約機を見つけることが出来るのではないでしょうか。近場の自動契約機を使ってキャッシングの申し込みと契約を行うようにすれば夜遅い時間帯や土日でもすぐに現金の融資を受けることが可能なので、急にお金が必要になった時は検討してみることをお勧めします。

に投稿

計画的な返済が希求されるキャッシング

キャッシングのサービスを利用する際には、計画的に返済できるかどうかが重要視されていると言えるのではないでしょうか。

実際に借りた金額以上に返済することが一般的であるとされているため、利率を含めて返済ができるかどうかを見極めていくことが大事であると考えられています。多くの金融機関において、キャッシングを利用しようとする人々に対して返済能力があるかどうかを問うケースは非常に多く確認されるようになってきており、大事なポイントのひとつとして挙げられるようになりつつあるのではないかと思います。

計画的に返済ができると判断された人に対しては、優先的にキャッシングのサービスを利用できるように環境が整備されるようになりつつあるため、円滑に返済のプロセスを進められる人が高い割合を占めています。破産などに陥らないようにする取り組みも複数のところで展開されるようになってきているとみられており、キャッシングのサービスを最後まで利用できる人が飛躍的に増加しています。

今後もキャッシングを新たに利用する人に対しては、返済までの計画を確実に構築できる能力が問われていくのではないかと思います。そのため、どのような目的でキャッシングを利用し、返済にどれ程の期間をかけていくかを予め考えておく必要があるのではないでしょうか。様々な形式のキャッシングのサービスか確立されるようになった昨今は、この傾向がより鮮明なものとなっていくのではないかと思います。