に投稿

アルバイトでもキャッシングは利用可能

キャッシングを利用するには、当然のことながら借入をしたお金を返済する能力があるとキャッシング業者に認めてもらわなければなりません。よく、フリーターや自営業者はキャッシングの審査に通らないと噂されていますが、これは正確ではありません。

アルバイトや自営業で生計を立てている人は、収入が不安定で返済能力の信頼性が低いと判断されてしまうがゆえに審査に通らないのです。どちらにしろ同じことではないかと思われるかも知れませんが、あくまで職業そのものではなく返済能力の有無が問題視されている点に注目してみましょう。

そこが理解できていれば、アルバイトでしか収入のない人であってもキャッシングを利用することは十分に可能になります。もっとも重要なのは申し込みの際に借入の限度額をできるだけ下げておくことです。借入の額が少なければ、そのぶん返済能力が低いと判断されたとしてもバランスが取れます。

ただし一つ気をつけておきたいのは信用情報についてです。過去にキャッシングやローンの返済を延滞した経験があると、その情報は金融業界全体で共有され警戒対象となってしまいます。僅かな金額の延滞であれば、いわゆるブラック認定を受けるまではいきませんが、元々の信用が低いフリーターなどは特に注意が必要となるでしょう。